スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部美人 純米吟醸 愛山

 こんにちわ店長Jです。

 ドワーフホップ

 ようやく、店の横に植えるホップの苗が届く。

 いわゆるビールの腐敗防止、苦味成分として使用されるアレだ。和名は西洋唐花草で名の通り、明治期に北海道に外国から持ち込まれて広がった。

 それは日本で初めてビールつくりにチャレンジしたオランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフがホップが無くてビールつくりに困った時代から、およそ100年後である。

 ビール以外にも、素揚げで食べれたりしますので、成長して、実がつくようになったらお客さんにもお渡ししようかと。因みにホップは種類によって香味が異なり、グレープフルーツのような酸味を持ったものや、チーズのようなものなど多々あり。それによってビールに使われるホップも異なります。

 まだ一部しか届いていないのですが、これから楽しみです。

 本日のご案内は岩手県の“南部美人 純米吟醸 愛山”です。

 南部美人 純米吟醸 愛山
 
 前回と同じく南部美人ビューティシリーズの1つです。兵庫県産の愛山を使用して仕込んだお酒で、お酒本来の味わいを楽しめるように南部美人ビューティシリーズは、炭素濾過をせずに出荷しています。

 前回ご案内した美山錦と同様にM310酵母を使用。
 
 かつて大手のみが使っていた酒造好適米“愛山”を用いて、造った日本酒です。父系統に山田錦、母系統に雄町、2つの血を受け継ぎ生まれた酒造好適米です。

 愛山は千粒重と心白が山田錦と同等かそれ以上に大きい反面、非常に柔らかく溶けやすい性質を持ち、醸造には大変気を使うそうです。今年なんかは質はなかなか良かったのではないでしょうか。(収穫数量は別にして)

 使用酵母はシリーズ共通“M310酵母”。明利酒造が生み出した酵母で、協会10号酵母よりもカプロン酸(アリル)が2~3倍高い酵母です。カプロン酸はパイン、アンズ、リンゴなどに含まれるエステルで、いわゆるフルーティな吟醸系の高い香りです。

 父、山田錦、母、雄町の愛山なら非常に合う酵母だと思います。リンゴ酸の濃厚香りで、味わいもすっきりとしていて、甘味、酸味、わずかに苦味があり、口一杯に広げると辛さが喉を。しかし、余韻は長くなく消えていくので、食中酒としてもなかなかお勧め。ちょいと値段が張りますが、プレゼントにもお勧めです。

 個人的には冷酒一択でお飲みいただく良いかと思われます。

 ●南部美人 純米吟醸 愛山 720ml 2,365円 1.8L 4,628円

  原料米:兵庫県産愛山 精米歩合:50% ALC:16~17%
  日本酒度:+4 酸度:1.7 酵母:M310

 ご注文、お問合わせはメール、電話、Faxでお受けしております。

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2311 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8
 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:order@kurakudou.com 火曜定休 9:00~8:00
スポンサーサイト

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。