スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末廣 大吟醸生

 こんにちわ店長Jです。

 天界

 お酒のネタを探していたら、47NEWSの日本酒津々浦々に“天界 純米 芳醇 超辛 生酒”の話が載っていた。

 復活したのか!?なら扱いたい!…と思ったが、どうやらそうではなかった。

 天界酒造はかつて島根県にあった蔵元さんで、当店も扱っていたのですが、かなりバリエーションがあるラインナップに富んだ蔵元さんでした。中国地方系の淡麗辛口ですが、すっきりとしても、余韻にしっかりとした旨みを感じさせる味わいのお酒を製造されていましたが。

 47NEWSの文中にあるように、2006年に廃業されました。毎年蔵元さんが様々な理由で辞められるます。

 しかたないことですし、どうしようもない事です。運がよければ、ブランド名が残ったりしますが、そういうのもなかなか難しい。

 そんな時、再会できたら嬉しいでしょう。冷蔵庫の奥にひっそりと眠り、時を経て、抜栓したお酒がきちんとした管理の下、新たな味わいに変化しているのを書かれています。飲みたいなぁ。

 たまには酒屋にぷらっと入って、酒屋の冷蔵庫の奥をじっくり調べるのも面白いですよ。たまに古い良いやつが鎮座してたりしますから。きちんと低温で暗所で管理してあれば、数年経ってても、美味しく熟成していることが多いです。

 しかし、自分も遠出したときなんか酒屋にどんなのがあるかたまに覗きに入るのですが、もし冷蔵庫の奥に天界があったら再会に嬉々として購入しちゃうだろうなぁ。
 
 ■日本酒津々浦々:天界 純米 芳醇 超辛 生酒(Link)

 本日のご案内は末廣酒造の“末廣 大吟醸生”です。

末廣大吟醸生

 香りの立ち上がりにリンゴ系ゴールデンデリシャスを思わせるような吟醸香が。さわやかでリンゴを思わせる軽快で爽やかな酸味を含んだ。

 生酒特有の米の甘味があり、お酒の質として、粘性は控えめでしつこくない爽やかな甘味。余韻とのどごしは軽快で、喉の奥にすっと柔らかに消えていくが、舌には味が残り、食事を邪魔しない味わい。

 刺身より、鶏肉を焼いたものなんかで、飲みたい味わい。

 在庫無くなり次第売り切れとなります。

 ●末廣 大吟醸生 720ml 1,575円

  原料米:国産米 精米歩合:45% ALC:15%
  日本酒度:+5.5 酸度:1.1 

 ご注文、お問合わせはメール、電話、Faxでお受けしております。

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2311 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:order@kurakudou.com 火曜定休 9:00~8:00
スポンサーサイト

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。