FC2ブログ

伊勢角屋麦酒 イセカドヤ ノーション ニューイングランド IPA

 こんにちは店長Jです。

  s_IMG_1139.png

 少し肌寒くなってきたので夜ウォーキングをしています。家から少し車で飛ばしてからウォーキング。大通りなどは通るので知っていますが、ちょっと小道に入ると知らないお店や変わった住宅、こんなところに銭湯が!と発見があったり。

 ただウォーキングやランニングの格好ではなく、私服のおっさんが夜道をきょろきょろしながら歩く様は不審者極まりない(笑)見かけてもポリスに通報するのはご勘弁を。

 本日のご案内は三重県の伊勢角屋麦酒『イセカドヤ ノーション ニューイングランド IPA』です。

 s_IMG_1150.jpg

 オレゴン州の素材を使ったNE-IPAになります。今、アメリカで注目のオレゴン産の新種ホップ“ストラータ”をふんだんに使用いたしており、すっきりとしたベリー系の香りが爽やかに感じられます。

 その後ろからシトラ、モザイクのホップ由来のオレンジやパイナップルを思わせるフルーティーな香りが包み込みます。小麦とオーツ麦からのなめらかでまろやかな口当たりがジューシーで、ほどよいボディが軽ろやかな飲み心地で、ホップの香りに浸りながらすっきりとした余韻をもたらします。

 ●伊勢角屋麦酒 イセカドヤ ノーションNE-IPA 330ml 917円 

  アルコール度数:8.5% IBU:30
  原料:大麦麦芽、小麦麦芽、オーツ麦、小麦、ホップ
  
 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2316 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:kurakudouorder@gmail.com(フリーメール用)

 営業時間:A.M.9:00~P.M.8:00(日祝:A.M.10:00~P.M.8:00)
 火曜定休
スポンサーサイト



テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

伊勢角屋麦酒 ツバキ アンバーエール

 こんにちは店長Jです。

  東京商工リサーチの記事に『第10回 地ビールメーカー動向調査』というのが掲載されていました。

 s_20191025beer1.jpg

 お酒の動向ではウイスキー、RTD系が動きがよく、前年比増というのが流れではあります。逆にビールの方は大手メーカーの数値は芳しくありません。

 しかし、東京商工リサーチの報告ではクラフトビールは前年に比べ4%増という。少しづつ定着し、クラフトビールバーや地域お越しとしてホップを育て、それでビールを製造というのも行われている。

 まだまだ問題点もあるが多くが前向きな報告なので期待したいところ。普段は大手の発泡酒でもたまには贅沢にクラフトビールというのも如何ですか?

 ■第10回 地ビールメーカー動向調査(東京商工リサーチ)

 本日のご案内は三重県の伊勢角屋麦酒の『ツバキ アンバーエール』です。

 s_IMG_1145.jpg

 名のあるとおり、花酵母の中では香りが控えめな「ツバキの花酵母」を使い、この季節にぴったりな自然なコクのある穏やかな飲み心地で見た目も優しい、少しすっきりめのモルティーな琥珀色のビール。

 カラメル麦芽の甘やかな香りに、ハーブや花のような優しいホップの香りがお楽しみいただけます。麦芽の甘さを感じていただけますが、花酵母由来のかすかな酸味とほどよい発酵度がもたらす瑞々しい飲み心地と、控えめながらクリーンな苦味がすっきりと感じさせ、思わず凛とさせられます。柔らかな余韻もゆったりと感じていただけます。

 ●伊勢角屋麦酒 330ml 602円 

  アルコール度数:5% IBU:25
  原料:大麦麦芽、ホップ

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2316 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:kurakudouorder@gmail.com(フリーメール用)

 営業時間:A.M.9:00~P.M.8:00(日祝:A.M.10:00~P.M.8:00)
 火曜定休

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

メヌトゥー・サロン モローグ ブラン ヴィエーニュ ドゥ ラティエ 18

 こんにちは店長Jです。

 noteの記事に『(合法)個人でビールを作る方法まとめ』というのが掲載されていました。

 s_IMG_1135.png

 日本の酒税法上1%を越えるお酒造りは免許が無い限り製造できません。ですので記事にあるとおり、お客さんの意向を聞いて、代理製造してくれるところが結構あります。記事内では常陸野さんが紹介されていますが、他にも多々あります。

 企画で福岡のブルーマイスターさん、八女ブルワリーさんも製造していたりしますので、意外とやってくれるところあるんじゃないですかね?以前調べたことがありまして、ユニークな素材でホップの変わりに苦味として“ヨモギ”など使うなど掲載されていました。何かの記念に作るのも面白いかもしれませんね。

 ■(合法)個人でビールを作る方法まとめ(note)

 本日のご案内はフランスの白ワイン『メヌトゥー・サロン モローグ ブラン ヴィィーニュ ドゥ ラティエ 15』です。

 s_IMG_1151.jpg

 メヌトゥー・サロンはA.O.C.認定を受けてから比較的新しいアペラシオンですが、現在おーなーであるポールは3代目として高い実績をつけ、評価を受けています。

 単一畑から収穫されたソーヴィニオン・ブランは土壌がキリメンジャンであり、その影響を受けミネラル分が高く、胡椒や白い花のニュアンスが感じられます。斜面にあり、日照量も高く高品質の葡萄に仕上がったものを使用。

 温度制御機能付きステンレスタンクと木樽で発酵し、澱とともに1600Lと400Lの木樽で6ヵ月間熟成。無濾過でボトリング。青いハーブ、白い花、ミネラル感のある胡椒の香り、白桃のような甘い香りなど複雑に入り混じっています。

 味わいは最初に甘味を感じさせつつ、後から酸味が追いついてきてバランスよく融合。余韻も長く楽しめる味わいとなっています。個人的には牡蠣のグラタンなんかと一緒に飲みたいワインです。
 
 ●メヌトゥー・サロン モローグ ブラン ヴィィーニュ ドゥ ラティエ 18 750ml 4,180円
   Menetou Salon Morogues Blanc Vignes de Ratier 750ml 4,180Yen

 品種: ソーヴィニヨン・ブラン100%
 平均樹齢:30年
 土壌:キンメリジャン(石灰質の粘土)
 タイプ:辛口
 生産者:ドメーヌ・ペレ
 アペラション:A.O.C.メヌトゥー サロン
 Alc:14%

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2316 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:kurakudouorder@gmail.com(フリーメール用)

 営業時間:A.M.9:00~P.M.8:00(日祝:A.M.10:00~P.M.8:00)
 火曜定休

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

ベアードブルーイング やばいやばいストロングスコッチエール

 こんにちは店長Jです。

  FNN PRIMEの記事に『ボルドーの持続可能なワイン造りを知る』というのが掲載されていました。

 s_000000022_000019840.jpg

 近年の気候変動などの影響やワイン造りの観点から新たな品種の認証などの取り決めの報告がありました。食べ物に限らずお酒造りもそうですが、時代の変化で嗜好も徐々に変化していっています。守りつつも新たなる変化を入れ、より良い物になれば多くなればいいですね。

 ■ボルドーの持続可能なワイン造りを知る #Sustainabordeaux  プレスイベントレポート(FNN PRIME)

 本日のご案内は静岡県のベアードブルーイングの『やばいやばいストロングスコッチエール』です。

 s_IMG_1094.jpg

 一般的にスコッチエールは、ホップの苦みやフレーバーなどの風味とは真逆の、リッチでモルティなビールとなっております。エールとしては比較的低い温度で発酵させるため、発酵度合はそれほど高くないので、糖分がほどよく残り、リッチで丸みのあるフルボディのエールに仕上がります。

 味わいはボディ厚みのある質感、口に含むと甘味がありアルコールの強さも感じられ、余韻は長く続きポートのようなほのかな酸味も感じさせる口当たりが特徴です。

 ●ベアードブルーイング やばいやばいストロングスコッチエール 330ml 600円 

  アルコール度数:8% 初期比重:18.8 最終比重:4.7 苦み (IBU):30 色(SRM):30
  水:クリーンな軟水( 地域の源泉水)
  麦芽:フロアモルテッドマリスオッター、アンバー、キャラメル、チョコレート
  非麦芽:ローストバーレィ
  糖類:国産氷砂糖
  ホップ:生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
  酵母:ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2316 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:kurakudouorder@gmail.com(フリーメール用)

 営業時間:A.M.9:00~P.M.8:00(日祝:A.M.10:00~P.M.8:00)
 火曜定休

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ

テロワール・デュ・レマン アン・マタン・フォス・オ・ラック 16

 こんにちは店長Jです。

 noteの記事に『お肉屋さんで肉を買うというライフハック』というのが掲載されていました。

 s_IMG_1136.png

 餅は餅屋。

 以上…では無く、少し前にお酒屋さんでお酒を買った事がないという人の話を聞いた。なんでも入りずらいとの事でスーパー、ディスカウントでしか買ってないと。意外とそういう人多いんでしょうね。個人店も減ってますし。

 私は個人事業主なのでアレですが、やはり専門の知識を持っている方はありがたい。私も記事の方と同じように個人店の肉屋を利用していますが、こういうのを作りたい、こういうのにお勧めの~と聞くときちんと細かく説明いただけます。

 IMG_0980 (3)

 少し前にグアンチャーレを造りたいと説明したら、細かく聞いてくれしっかりとした味わいのものが出来た。業種に違いはあれど、やはり専門の知識技術っていうのはありがたい。

 と同時に自分たちも入りやすいお店作り、話しやすい、声をかけやすい環境作りにも気をつけておかないと。…とりあえずお待ちしております~

 ■お肉屋さんで肉を買うというライフハック(note)

 ■グアンチャーレ(Wikipedia)

 本日のご案内はフランスの白ワインの『テロワール・デュ・レマン アン・マタン・フォス・オ・ラック 16』です。

 s_IMG_1162.jpg

 フランスのレマン湖湖畔、スイス国境近くのバレゾンにあるワイナリーの産するワイン。粘土が豊富な土壌に植えられたシャスラから造られています。。600Lの卵型のセメントタンクを使用して発酵。

 このワインは土壌とセメントタンクからのミネラル感と酸味が感じられます。メロン、柑橘系、青リンゴの芳香的が感じられます。味わいはほのかな塩味、酸味、しっかりとしたコクが味わえます。味わいの強い料理とも合わせても問題なさそうな印象です。

 ●テロワール・デュ・レマン アン・マタン・フォス・オ・ラック 16 750ml 円
  Terroir Du Leman Un matin face au Lac 750ml 5,500 Yen

 品種: シャスラ
 タイプ:フルボディ
 生産者:ドミニク・ルカ
 アペラション:IGPヴァン・デ・ザロブロージュ
 Alc:12%

 ■Les Vignes de Paradis前

 

 地酒とわいん蔵くどう

 〒811-2316 福岡県粕屋郡粕屋町長者原西四丁目9-8

 TEL/FAX 092-938-2385/092-938-2329
 e-mail:kurakudouorder@gmail.com(フリーメール用)

 営業時間:A.M.9:00~P.M.8:00(日祝:A.M.10:00~P.M.8:00)
 火曜定休

テーマ : ★店長ブログ★ - ジャンル : ブログ